頭皮のかゆみシャンプー

シャンプーが頭皮のかゆみの原因に挙げられる理由

マメに洗って清潔にしているはずなのに、頭皮が痒いという方も多いと思います。しっかり洗髪しているのにかゆいという場合、シャンプーがかゆみの原因になっている可能性も高いです。多くのシャンプーには、洗浄力を高めるための合成界面活性剤が含まれています。強い合成界面活性剤の場合、長い時間すすいでも頭皮に残りやすいというデメリットがあります。普段は、頭皮がかゆくならない人でもちょっと急いでいてすすぎの時間を短くしたりしたときにかゆみがでることがあります。残存した化学物質により、痒みが起こっているということが考えられます。もう一つは、合成界面活性剤による強い洗浄力で、本来、地肌に必要な皮脂まで奪われてしまっているという場合もあります。つまり、乾燥が原因でかゆみが起こるという場合もあるのです。シャンプーには、「アルコール系シャンプー」、「アミノ酸系シャンプー」、「石鹸系シャンプー」があります。同じアルコール系のシャンプーでもよく特売で見かける商品には安い合成界面活性剤が使われています。逆に高めの価格が付いたアルコール系シャンプーは、比較的、良いとされている合成界面活性剤が使われています。かゆみが出る人は、すすぎ時間を長くしてみるか、シャンプーを別のタイプに変えてみるという方法があります。

 

アミノ酸配合のシャンプー

人間の髪の毛は、平均して毎日50本〜100本程度は抜けると言われています。ブラッシングしたとき、シャンプーのとき、日常生活で自然に抜けるなどの合計で50本〜100本くらいです。出産後のホルモンバランスが変化するときや季節によっても髪の毛の抜ける本数には変化があります。前述のように自然に抜ける髪の毛もありますが、抜け毛が増えたなと感じる場合で、かゆみもあるならシャンプーのすすぎ残しが考えられます。毛周期によって自然に抜け落ちる以上に抜けるわけですから、現代人に多い薄毛になってしまう可能性もあるので注意が必要です。シャワーの水圧やあて方など、個人差があるため、一概にすすぎを時間では言えませんが3分以上すすぐのが望ましいと言われています。特に界面活性剤が使用された、市販されている洗浄力の高いシャンプーは、頭皮に残りやすくすすぎ残しがあるとかゆみや抜け毛の原因になります。よく特売などでも見かけるような、多くのシャンプーには強力な界面活性剤が含まれています。シャンプーって泡切れが悪くて、いくらすすいでもヌルヌルすると感じる方も多いと思います。そういうものかなと思ってすぐにすすぎをやめてしまうと、かゆみや抜け毛の原因になります。頭皮が乾燥しやすい方や、乾燥によるフケやかゆみが出る方も多いと思います。乾燥する方は、界面活性剤のシャンプーをやめてアミノ酸系シャンプーや石鹸シャンプーに変えてみるのも良いでしょう。

 

人気の女性用育毛剤

続きを読む≫ 2016/01/20 13:21:20

頭皮のかさぶたは薄毛の原因にもつながっていくとも言われています。頭皮にかさぶたが出きるのは皮膚が炎症を起こしているからです。脂漏性湿疹という皮膚炎となります。脂漏性湿疹は皮脂が多く特に分泌されるということで起こる皮膚炎となります。皮脂が多く分泌をされるということは毛穴を塞いでしまうという原因にもなるものです。毛穴が塞がれてしまうということは当然、毛は生えてこないということにも繋がり薄毛の原因ともなっていくというわけです。そして、この脂漏性湿疹の特徴は頭皮に多くのかさぶたが出来るということにあります。かさぶたができて、剥がれるということになるとその場所は化膿状態となってしまうことになります。頭皮の化膿した場所というところには毛は生えてきません。当然これも薄毛の原因になっていくというわけです。このように頭皮のかさぶたが薄毛に繋がるというのは根本は皮脂が多く分泌されるというところに理由があるのです。早め早めの対処を心がけ薄毛防止を考えるのならできる限り迅速に皮膚科で診察をうけるという選択がもっとも正しいということになるのです。

 

頭皮のかゆみとかさぶた対策法

続きを読む≫ 2016/01/20 13:18:20